b0246244_22292569.jpg
はじめまして キタムラ農園と申します。
奈良市、鹿野園町(ろくやおんちょう)で有機農業でお野菜とお米を作っています。

このブログでは、栽培している作物の様子など
季節を通して写真で綴って参りたいと思います。





*****************
[PR]
# by kitamura-nouen | 2013-10-23 09:46 | はじめまして
b0246244_9382064.jpg
b0246244_1021629.jpg

農薬、除草剤不使用 有機栽培のお米
品種はヒノヒカリ、ニコマル
奈良の気候に合ったお米です。

もちもちっとした食感が有り 冷めても美味しいので
おにぎりやお弁当にもお勧めです。

b0246244_9384572.jpg
b0246244_1022638.jpg




****************
すべての田んぼでは無いのですが
キタムラ農園では 一部 合鴨農法でお米を作っております。
以下、その様子をご紹介します。

b0246244_9283719.jpg
田植えがはじまるちょっと前、
大阪の有機合鴨専門店より かわいいヒナ達がやってきます。


b0246244_857584.jpg
田んぼデビュー前...(後ろで田植え中)



b0246244_8565914.jpg

鴨達は稲と共に育ち、雑草や害虫を食べてくれます。
また鴨達が動き回ることで 水が濁り 雑草の発育を抑えます。

b0246244_9302223.jpg

b0246244_9311068.jpg
稲穂が頭を垂れる前には、鴨たちは田んぼから卒業
可哀想なお話ですが 彼らはそのあと美味しいお肉となり、
私たちはその命を有難く頂きます。

b0246244_9303968.jpg
b0246244_914420.jpg
b0246244_951271.jpg
b0246244_944893.jpg


***************
[PR]
# by kitamura-nouen | 2013-10-23 09:45 | お米
玄米は お米の栄養をまるごと召し上がって頂けます。
よく噛んでお召し上がり下さい。
繊維たっぷりですので腹持ちもよく、またデトックス効果も抜群です。



◎玄米の炊き方(うちの場合..) 

1、お米を洗います。(水には浸さずに炊きます)
2、お米の量の1.3倍ほどのお水に塩を小さじ1ほど加え 
  圧力鍋で強めに加熱します。
3、圧力がかかりはじめたら 弱火にして そのまま25分炊きます。
4、火をとめて 圧力が自然に抜けるまで そのまま置きます
5、圧力が抜けたら 蓋をあけて しゃもじでざくっと混ぜます。
6、蓋をして10分ほど蒸らして 出来上がり

電子ジャーの玄米モードでも もちろん炊けますが
圧力鍋をお持ちの方は、一度 食感など比べてみて下さい。
豆類、雑穀など一緒に炊いても美味しいです。


*尚、電子ジャーで保温状態にすると、風味も落ち
せっかくの栄養素が落ちてしまいますので
保温の電気を切り、食事前に蒸し器で温め直す事をお勧めします。
[PR]
b0246244_9295919.jpg
b0246244_9294369.jpg
b0246244_930222.jpg
b0246244_9292686.jpg

[PR]
# by kitamura-nouen | 2013-10-23 08:29 | 春の野菜
b0246244_9175069.jpg
つやっつやの水ナスです。
大阪・泉州のおつけものが有名ですが
アクがすくなく きめ細かくフルーティなお茄子。
少し塩水にさらして、おさしみ風に
塩と胡麻油、わさび醤油などに ちょこっと付けて頂いたりもします。
もちろん油とも相性良く
ソテーや天ぷらで とろっとろ..とした食感で美味!

b0246244_101007.jpg
こちらは長茄子


b0246244_9181226.jpg
こんな紫の花のあとに実るのは...
b0246244_9182458.jpg
紫ししとう。
加熱すると 緑色になってしまいますが しっかりとした風味があります。
さっと蒸して 鰹節とお醤油でもりもり食べても良し
お味噌汁に入れても 香りが立ちます。

b0246244_10225029.jpg
水引唐辛子


***************
[PR]
# by kitamura-nouen | 2013-10-22 07:01 | 夏の野菜
b0246244_9395945.jpg

オクラの花
b0246244_10115552.jpg
赤いオクラはこんな花..
b0246244_9474468.jpg
収穫前のオクラは、ふわふわです。

b0246244_9385956.jpg
b0246244_1012328.jpg
トマト類は、露路栽培です。

b0246244_10113794.jpg

b0246244_10114018.jpg
四葉(すうよう)
その形状が流通に合わず 市場から消えてしまった昔ながらの胡瓜
ぱりぱりっとした食感が独特です。

b0246244_10242429.jpg
ズッキーニ..の根元



***********
[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-12-23 07:00 | 夏の野菜
b0246244_9205876.jpg








********
[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-12-02 09:21 | 夏の野菜
b0246244_9335248.jpg
b0246244_9333531.jpg

b0246244_934777.jpg
b0246244_9342056.jpg
b0246244_9343036.jpg
b0246244_9353815.jpg
b0246244_9355971.jpg
b0246244_9361279.jpg
b0246244_822642.jpg

[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-12-02 08:01 | 冬の野菜
b0246244_9252432.jpg
b0246244_9252910.jpg
b0246244_925335.jpg
b0246244_9253192.jpg



********
[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-12-02 08:00 | 秋の野菜
b0246244_13164345.jpg


例えば…のレシピ

1、砂を噛まぬよう 葉はよく洗います。
  指でしごいて 葉を集めます。もちろん柔らかい先の部分の茎もOK

2、塩を振って混ぜ、軽く重石をして 数時間
  水があがったら 手で堅く絞って水気を切ります。

3、塩漬け後の人参の葉と人参を細かく刻んで 胡麻油で炒めます。
  おじゃこ、胡麻を加え、仕上げにお酒をじゅわっと鍋肌に少々...
  パラパラになったら 出来上がりです。(多少しっとりでOK)

塩漬けにした際の塩気で十分だと思いますが 
生姜やゆかりを入れたり、アレンジはいろいろ...
この日は 豚肉を炒めた時の油(つまりラード)と粗挽き胡椒を加え
ちょっとパンチのある味に仕上がりました。
ご飯が進みます!
[PR]
b0246244_16275100.jpg


大根葉のおつけもん

1、大根葉は砂が残らぬ様に良く洗い 好みの大きさに切りボウルに入れる
2、塩を振って(けっこう多目でも大丈夫)重石をして30分〜1時間ほど置く。
3、手で少し絞るような感じで出て来た水分をしっかり捨てます。
4、3を漬け物用容器(ボウルや鍋でも可)に入れて 刻んだ昆布と唐辛子を入れます。
5、酢・みりん・砂糖を 各大匙1・1・1 塩を小匙1/4 の割合で 4に和える。
 (野菜の量が多ければ 倍量で)
6、軽く重石をして半日以降で食べれます。
 *2日目以降が味が馴染んで美味しいです。
[PR]
b0246244_1552979.jpg

羊のひつじろう(オス)と、福ちゃん(メス)
お母さんヤギの すず
子供のシロー(オス・白)とおりん(メス・茶色)
草刈り係と&イノシシ避けとして、田畑を守ってもらっています。

b0246244_1552189.jpg
b0246244_15512999.jpg
b0246244_15515980.jpg
b0246244_15512944.jpg
b0246244_15524181.jpg
b0246244_1621169.jpg

b0246244_15541611.jpg
b0246244_161553.jpg





****
[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-12-02 07:00 | 従業員
b0246244_10195734.jpg

[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-12-02 05:19
出荷時期が済んだころ、菜種科の花々..つまり菜の花たちが
畑で綺麗に咲いてます。

b0246244_981187.jpg
紅苔菜(こうたいさい)
中国が原産の、茎の赤い菜の花です。

b0246244_981332.jpg
大根の菜の花

b0246244_981037.jpg
お野菜として普通に知られている菜の花

b0246244_9884.jpg
ブロッコリーの花



******
[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-10-23 08:11 | 春の野菜
b0246244_13332546.jpg

[PR]
# by kitamura-nouen | 2011-07-10 13:32 | others